HOME>BLOG>ぶらり建築>うだつの上がる町並み(美濃市)を散策1
ぶらり建築

うだつの上がる町並み(美濃市)を散策1

週末、天気が良かったので、急に美濃市の「うだつの上がる町並み」に行ってきました。
出発が遅かったので着いたのは3時過ぎで、晴れから曇りになっていましたが、
散策するにはちょうどいい天気です。

美濃市のうだつの上がる町並み

和紙で有名なここら辺は江戸時代の商人の町だったそうで、江戸から明治時代の商家が並んでます。

美濃市のうだつの上がる町並み1
美濃市のうだつの上がる町並み2

 美濃市のうだつの上がる町並み3

美濃市のうだつの上がる町並み4
201751515283.JPG

 

美濃市のうだつの上がる町並み5
美濃市のうだつの上がる町並み6

風情があり、歩いているだけでも楽しいです。
「旧今井家」は入館料300円で中を見れますが、
時間もないので今回は見送りました。
招き猫もかわいかったです。


「うだつの上がる町並み」の「うだつ」とは、
屋根の両端を一段高くして火災の類焼きを防ぐために造られた防火壁のことだそうで、
裕福な家しか「うだつ」を造ることができなかったため、
庶民の願望から「うだつを上げる、うだつが上がらない」の言葉もできたそうです。

美濃市のうだつの上がる町並み6
美濃市のうだつの上がる町並み7

屋根の上に見える、 これが「うだつ」です。


とっても雰囲気があり、思わず入った「紙遊」(しゆう)さんです。
うだつの上がる町並みの紙遊

紙の倉庫をそのまま利用したお店です。
うだつの上がる町並みの紙遊

店の奥の路地裏が、とっても素敵にリノベーションされてました。
うだつの上がる町並みの紙遊

うだつの上がる町並みの紙遊
うだつの上がる町並みの紙遊

ギャラリーがあったり、手ぬぐいのコーナーも見て楽しいです。
「紙遊」さんは何ともほっとする空間で、和紙のはがきやそえぶみ箋を買いました。
最近はラインばかりで、筆不精どころではないのですが・・・、是非、使いたいと思います。


たくさん写真もあり、「うだつの上がる町並み」で入ったカフェがとっても素敵でしたので、
次回にご紹介したい思います。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kureishi-o.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/297