HOME>BLOG

BLOG

リフォーム補助金の申請 ー介護保険 居宅介護/介護予防 住宅改修費ー

名古屋市住宅改修費の支給申請を検討しました。

在宅の要介護・要支援者の居住する住宅について、手摺りをつけたり床を滑りにくい材料に変更するなどの改修を行った場合に、9割から7割が支給される介護保険の制度を利用して最大20万までに対して支給されるようです。一応、小規模な改修と表記してあるので、もらえるものならもらいましょうということで、申請してみようということになりました。その際、扉を引き戸にしたいのでトイレの位置がずれることを詳しく話をし確認したところ、後日連絡があり、トイレの位置が変わることはNGだそうで、申請は断念しました。

家全体のリフォームは多額の費用がかかります。補助金は色々ありますので、申請できるものか確認することが重要ですね。

リフォーム補助金 名古屋市 江南市暮石建築設計事務所

《DIY》大きめのテーブル 脚はアイアンのブラック

《DIY》今回、大きめのテーブルをパーツを取り寄せてつくりました。


事務所併設の住宅は、最近はクライアントとの打合せに使っています。レンタルスペースの話しもありましたし、今後、何人かで打合せをしたり食事をしたり多目的に使うために、大きめのテーブルを検討していました。

気に入るテーブルは高価なものばかり・・・、当然ながらそうなるわけです。
残念ながら、そんなに予算をかけられない現状でした。15年以上も前に、たくさんの方をお招きして手料理をふるまった際、集成材カウンターをテーブル代わりに購入しました。その時は座卓として使用しました。そのカウンターを使って、今回新たに脚を購入することにしました。所長は日曜大工は得意分野なため、思った以上に早くできました。脚をアイアンのブラックⅬ型にし、できたテーブルはスッキリして、とても満足しています。手持ちの椅子を置いてみることにしました。一つだけあるワイチェアは雰囲気にとてもマッチし、小さめのスツール(こちらも一つしかない)も置いてみました。後残りの椅子をどうしようかと思案中です。

どんなのか見たい方は、是非ご連絡をお待ちしています。

ーAー

江南市 暮石建築設計事務所 DIY テーブル 

江南市 暮石建築設計事務所 DIY テーブル 

江南市 暮石建築設計事務所 DIY テーブル アイアン ブラック

江南市 暮石建築設計事務所 DIY テーブル アイアン ブラック

 

リフォーム補助金の申請 ー高性能建材によるー

<高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の申請>

Siiが取り扱う補助金事業は既存住宅の断熱改修に対して補助金が最大120万でるようです。

今計画中の物件にあてはまりそうなので検討してみました。
使用建材の指定はありますが、上手くはまるものもあるようなので進めることとしました。求められる仕様も高いので全ては該当しませんでした。補助対象経費の1/3以内で最大120万ですが、中々厳しいです。

総予算が大変厳しい中、少しでも補助金がもらえればクライアントも嬉しいこととなります。
書類づくりをしましたが、この作業も時間が結構かかります。
一次公募の7月17日までに提出し、補助金を受けられるようにと思っています。

江南市リフォーム 暮石建築設計事務所 補助金申請 名古屋市

江南市リフォーム 暮石建築設計事務所 補助金申請 名古屋市

江南市リフォーム 暮石建築設計事務所 補助金申請 名古屋市

リフォーム補助金の申請 ー名古屋市の民間耐震改修補補助事業ー

<名古屋市の民間住宅耐震改修補助事業の申請>

南区で昭和56年5月以前の建物の改修のお話をいただき、リフォームを考えていく中、耐震についても進めていくことになりました。

今年度の耐震の補助金交付申請をします。最大100万の補助金がもらえるうようです。無料耐震診断の結果が0.21だったのも1.0以上にあげていきます。待っていた書類が届きましたので、後は施主印をもらい出します。

名古屋市と調整しながら交付決定通知を待つことになります。工事着手については、これをもらった後でないと補助金がもらえないよ!と書いてあります。なので着工はもう少し先ですかね・・・。

もらえるものはもらう・・・ようにしたいですね。

江南市リフォーム 建築設計事務所 暮石 名古屋市

毎日使うキッチン・お風呂・トイレは快適に暮らす重要ポイント

毎日使うキッチン・お風呂・トイレの選定は本当に大事です。長く使うことになりますし、高い買い物でもあり、暮らしを快適にしてくれるべきものです。


昨日は現在進行中のI様をメーカーのショールームにご案内しました。
あまり時間がないため、キッチンを中心に見ていただきました。
プランは対面のI型キッチンを予定しています。奥様は、現在お使いのキッチンがとても慣れていてお気に入りのようで、やはりI型なのですが、シンクが右でコンロが左・・・、今回のは左がシンク、右がコンロとなります。そうなんです・・・、流れが逆になってしまうんですね。お部屋全体からこの位置になっているので、暮らし始めて使いながら慣れていただくものと考えています。
収納は引き出しが主流、たっぷりの収納力だと思います。そして、ゴミ箱の位置を検討することになりました。
キッチンの扉とカウンターは、夢は膨らみつつも悩んでしまうものです。最初のPanasonicさんでは悩んでらっしゃいましたが、LIXILさんではちょうどこんなのがいいと思うイメージのキッチンに出会えました。ダイニング側にカウンター付きに収納を造るプランで、色を含めた雰囲気が気に入られたようです。キッチン側は白っぽい扉にカウンターは白っぽいベージュ、こちらもイメージに合い、どんどん膨らんでいるようで楽しみです。
最終決定までまだ時間がたくさんありますので、もう少し検討しながら心地いい空間になるようにと考えています。

ーA-

 

キッチン、お風呂、トイレは快適に暮らす重要ポイント 江南市

キッチン、お風呂、トイレは快適に暮らす重要ポイント 江南市

キッチン、お風呂、トイレは快適に暮らす重要ポイント 江南市

キッチン、お風呂、トイレは快適に暮らす重要ポイント 江南市

 

 

 

緊急事態宣言の解除はどうなるか

今日には緊急事態宣言解除になりそうですね!

今週の栄の様子です。
マスクは色々な所にあります。先週までは呼込み販売もありましたが、もう、それはなくなり、ドラッグストアで普通においてありました。値段は下がりつつあります。ただ、中国製で日本の規格のマークはありません。
車は増えてきましたが、まだ少ないようです。江南の方が多いように思います。
松坂屋の地下も行ってきましたが半分くらいしか開いてませんでした。

今日の解除で一気に動くとは思えませんが・・・、心配です。

緊急事態宣言 解除 コロナウィルスの影響

緊急事態宣言 解除 コロナウィルスの影響

緊急事態宣言 解除 コロナウィルスの影響
 

「ステイホーム」は憧れのハーブガーデンの実現へ

新型コロナウィルスの影響で「ステイホーム」を毎日のように耳にします。
所長は数年前から畑を趣味としています。でも、そんなにセンスがないのか、2年目以降は収穫の野菜は小さいし少ない・・・んです。それで、家族から「ハーブガーデンにしなよ!」と何回か言われ、やっと行動に移しました。種は、ラベンダー、レモンバーム、バジルで、苗は、マシュマロウ(アルテア)、コリアンダー(パクチー)、イタリアンパセリ、セロリ(野菜ですかねー)です。私はハーブををお料理やお茶にしたいので、もし上手に育ったらとっても嬉しいです。ミント系は繫殖性が強いので危険とのことですね。
昨日はアップルティーを入れました。所長はたっぷりハチミツを入れて、でも残してました。口に合わない人も多いので、今後は他のハーブでチャレンジです。お料理はビーフのトマト煮です。たっぷりオレガノ(←ハーブです)とローズマリーを入れ、こちらはイケてました。
さて、憧れのハーブガーデンは実現するか、またお伝えします。

ーAー

江南市 ハーブガーデン ステイホーム 建築設計士

江南市 ハーブガーデン ステイホーム 建築設計士

江南市 ハーブガーデン ステイホーム 建築設計士

江南市 ハーブガーデン ステイホーム 建築設計士

江南市 ハーブガーデン ステイホーム 建築設計士

江南市 ハーブガーデン ステイホーム 建築設計士

2020年の桜 ー癒しー

週末、天気も良くコロナで自粛の中、散歩なら良いかと岐阜公園へ出かけました。桜はほぼ満開です。とても癒されますね。一万歩歩きましたが、日頃の運動不足で結構きつかったです!ちなみに、うちの庭にも桜がありますが、いつも周りとは大分遅れて咲きます。中々、満開という感じにはなりませんでしたが、今年は良く咲きました。(家族は虫がつくので、嫌がっています。笑・・・)

 

2020年、桜、岐阜公園

2020年、桜、岐阜公園

2020年、桜、岐阜公園

2020年、桜、岐阜公園


まだまだですが、うちの桜です。
2020年、桜、うちの桜

2020年、桜、うちの桜

 

 

一宮市の社会福祉法人R様の社宅

引渡し前の現場です。ほぼ手直しも終わり最終引渡しの確認をしています。

計画当初のものとはVEで少しかわりましたが、イメージ通りのものとなりました。

鍵の確認、書類の確認をしておわりとなります。

最後は人の問題でバタバタしていましたが、何とか間に合いました。

コロナウイルスの影響はなく、無事引渡せそうでなによりです。

後は、竣工写真を撮って、3月4日の入居をまちます。

一宮市の社会福祉法人R様の社宅 建築設計事務所 住宅一宮市の社会福祉法人R様

一宮市の社会福祉法人R様の社宅 建築設計事務所 住宅一ノ瀬

一宮市の社会福祉法人R様の社宅 建築設計事務所 住宅

一宮市の社会福祉法人R様の社宅 建築設計事務所 住宅一宮市の社会福祉法人R様

 

フランクロイドライト:良き暮らしの提案者というもうひとつの顔

週末の日本経済新聞で掲載がありました。フランクロイドライト(1867―1959)というと帝国ホテルが身近にありますね。そんな彼の8作品が2019年の世界遺産に認定されました。彼が考案したプレースタイル(草原様式)は、建築という形から解放し外部空間をつなげる表現として、屋根を低く抑え建物が水平に広がる設計手法です。それは、自然に囲まれ光や風を生かし中の視線や感情を大事に設計されました。今、私たちはとても便利でモノが豊かになりました。そして、度々起こる災害の問題があります。そんな時代だからこそ、私たちも自然に囲まれ光や風を生かし中の視線や感情を大事に設計するということを大事にしたいと考えます。

ーAー

フランクロイドライト 建築 設計 良き暮らしの提案者